一般外来:眼科

眼科外来では結膜炎、ものもらいなどの一般診療の他、眼底検査、視野検査などの各種検査を行っています。

■白内障手術
白内障とは、目の中でカメラのレンズに例えられる水晶体が白く濁ってくる病気です。ほとんどが加齢による変化と言われています。目のかすみ、光がまぶしく感じる、暗い所で見えにくいなどの症状があります。
白内障の手術は超音波白内障手術装置を用いた術式で、眼科における最もポピュラーな手術の一つとして広く普及しています。手術日は月に2回行っています。手術時間は15~20分程ですが、前後の処置の為に半日ほどお時間がかかります。白内障の症状にお困りの方は是非一度ご相談ください。
■ヤグレーザ手術
白内障手術後に起こる、後発白内障に対する治療を行います。
■マルチカラーレーザ光凝固
糖尿病網膜症、網膜中心静脈分枝閉塞症、網膜裂孔など眼底疾患に対する治療を行います。
■視能訓練士
専門スタッフ(視能訓練士)の検査により、正確な検査結果を基に診療を行っています。
視力、メガネのことなど、疑問、質問があるときはスタッフまでお気軽に声を掛てください。

多くの人は…

眼鏡やコンタクトレンズによって視力が矯正できるので普段、目の健康について考えることはあまりないと思いますが健康状態が悪いと視力の低下にとどまらず、ストレスや疲れやすい体質になることもあります。